植物療法(フィトテラピー)とは

多くの方が興味を持っている代替医療には、様々な種類がありますが、近年は植物を使った植物療法が注目を集めています。植物療法には、どのような役割があるのでしょうか?ここでは、植物療法にスポットをあててみました。

植物療法とは

植物療法とは、植物の力で人が本来持っている自然治癒力に働きかけ、心身の不調や肌のトラブルなどの予防と改善をする療法です。

わかりやすく言うと、植物の有効成分を心身の健康に役立てるというもの。
昔から薬効のある植物は薬草として利用され、東洋でも西洋でも多くの人々の健康を支えてきました。植物療法は心身の健康にはもちろんのこと、美肌アンチエイジングなど美容に大変効果があることから、女性の関心も高まっています。

精油(エッセンシャルオイル)を使って心身の健康維持をするアロマテラピーも植物療法に含まれます。植物療法で主に使われるのがハーブと精油です。同じ種類の植物でもハーブとして使用した場合と精油として使用した場合では、その特性や効果、使用法、注意点などが異なります。

ハーブは、ハーブティーとして飲んで活用する内用法(飲用法)と肌に湿布やゴマージュ、パックとして活用する外用法があります。精油は飲用しないので、主に吸入とマッサージとして活用する外用法のみとなります。

植物療法は心身や肌のトラブル改善のために、ハーブと精油の両方の良さを最大限に活用するので絶大な効果があります。植物療法は、ハーブそのものを使用するハーバリズムと精油を使用するアロマテラピーの両方の特性を理解して、それぞれの特徴を活かしながら、心身の不調や肌のトラブル改善など目的にあった使用法で行うことが重要です。

人間と植物の関係

古代の人間は、1ヶ所に定住することなく、生きていくために食料を求めて移動していました。人間の生命活動を維持するために必要な蛋白質は、狩猟によって得た動物の肉や魚・貝類から摂り、糖質とビタミンはブドウやイチゴ、スグリなど、脂肪はクリ・クルミ・カシの実などから摂っていました。動物と違って1度根をおろしたら動くことができない植物は、最も入手しやすい食料として便利に利用され、人間にとって有難い存在だったのです。

植物を食料以外に利用するようになったきっかけは、病気や傷ついた動物が特定の植物を食べたり、傷口を特定の植物にすり寄せたりする行為を見て植物の力を知りました。

また、人間は寒さをしのぎ暖をとるために火の利用を始めました。火を使って暖をとり、獣から身を守り、調理に使うようになりました。そして、植物を火でいぶした時に立ちのぼる香りが、心身に様々な影響を与えることを知ったのです。植物がいぶされた時の香りによって、入眠や催淫などが起こることを知り、また心の安定や高揚の作用があることも知りました。その後、病気の治療などに利用するようになったのです。その香りの効果を儀式や祭礼、呪詛や占術にも利用するようになりました。

植物療法で期待できる効果

植物は多くの有効成分を持ち、様々な効能があります。ひとつの植物に数百という成分が存在し、それらの成分をすべて解明することは不可能であると言われています。植物は、多くの有効成分が複雑に絡み合い、個性を発揮しているのです。

医薬品の多くは、植物から発見された成分がもとになり、化学的に合成されて作られています。植物は薬の薬効成分の源、まさしく薬のはじまりは植物にあったということです。有名なアスピリンという薬も西洋シロヤナギや西洋ナツユキソウ(メドウスイート)から発見されたサリシンという成分がもとになり開発されました。

医薬品は1点に向けて効果を発揮させ、即効性と強力な効き目というメリットがありますが、粘膜を荒らし胃や肝臓など内臓に負担をかけてしまうという副作用が心配されます。その一方、植物は多くの天然の成分を持ち、その効果を1点に集中させることなく多方面に向けてバランスよく働いてくれるので、副作用の心配が少ないのが特徴です。

植物には様々な作用があります。消炎作用、鎮静作用、鎮痛作用、抗炎作用、強壮作用、緩和作用、抗うつ作用、利尿作用、発汗作用、緩下作用、抗酸化作用、血行促進作用、ホルモン調節作用など、まだまだ多くの作用があります。

そして植物は、神経系、消化器系、循環器系、呼吸器系、泌尿器系、内分泌系など、私たちの身体の様々な器官に働きかけてくれます。私たちが健康で楽しく過ごすためには、医療機関で定期的に検査を受け、体調が優れない時には、すぐに専門医に相談をして病気を早期に発見し適切な治療を受けることが大切です。

ところが、病気ではないけれど体調が優れないという人が非常に多くいます。身体がだるくて疲れやすい、やる気が起こらない、風邪をひきやすい、眠れないなどの体調不良でお悩みの方は、植物の力を試してみるといいかもしれません。

植物の特徴を知り、心身の状態に合わせて植物を選び楽しく生活に取り入れましょう。

女性にうれしい植物療法の効果

神経に対するアプローチ

ハーブは神経系に作用するものが多くあります。神経のバランスを崩した時やストレスを感じた時には、精神的緊張をやわらげてくれるハーブを利用すると良いです。神経系に効果のあるハーブを数種類ブレンドすると一層効果が高まりますので、心身の状態にあわせてブレンドハーブティーを活用しましょう。

たくさんの女性が毎日ストレスの多い生活を送っています。肉体的な疲労だけでなく神経の疲労が加わり、体調を崩している女性が増えているようです。1日の終わりに、神経系に効果のあるハーブティーを飲んでストレスを取り去り、自分自身をいたわってあげましょう。毎日の神経の疲労をリセットさせることが大切です。

“スリープ”には、リンデンフラワー・レモンバーベナ・オレンジフラワー・ラベンダー・ジャーマンカモミール・メリッサなど、神経のバランスを整えるハーブが理想的な比率でブレンドされています。“スリープ”は質の良い眠りに導いてくれる不眠症ブレンドですが、神経のバランスを整えるハーブを理想的な比率で配合しているので、ストレスで悩む女性にぴったりのブレンドです。

販売ページ(スリープ)

消化器系の働きを整える

ハーブには、食べ過ぎや偏った食事による胃もたれや消化不良、アルコールの多量摂取などで負担のかかった消化器系のトラブルなどを改善する効果も秘められています。消化器系はストレスに弱く神経の影響を受けやすいので、ストレスによる症状をやわらげて消化機能を整えてくれるハーブを飲むと良いでしょう。

“おなかバランス”は、消化器系と神経系に働いてくれるハーブを理想的な比率で配合しています。食欲がない、食べ過ぎた、胃がスッキリしないなどでお悩みの方はもちろん、高カロリー・脂っこいお食事の後にもおすすめです。“おなかバランス”は、おなかをスッキリ整えてくれる消化ブレンドです。

販売ページ(おなかバランス)

女性ホルモンのバランスを整える

女性ホルモンは、私たち女性の美と健康に大きく関わっています。女性ホルモンには、肌の弾力を維持して肌を若々しく保つ働きがあります。従って、女性ホルモンのバランスが崩れると肌や髪のハリ・ツヤが失われ老化が加速してしまうため、女性ホルモンのバランスを崩さない生活を心がけることが大切です。病院で治療を受けるほどではないけれど日常の生活で気をつけたいという方は、ぜひ女性ホルモンに働きかけてくれるハーブティーをお試しください。

ハーブボーテの“レディバランス”は、女性ホルモンのバランスを整えてくれる5種類のハーブを理想的な比率で配合していますので、月経トラブルや更年期トラブルなど女性特有の不調でお悩みの方におすすめです。女性の味方のハーブたちが女性ホルモンを整えるお手伝いをしてくれます。

販売ページ(レディバランス)

疲労回復

現代の女性は仕事に家事、育児、介護などで毎日忙しい生活を送っています。身体がどんなに疲れていても翌日もまた働かなくてはなりません。身体の疲れはどんどん積み重なっていくばかり。このような疲労の蓄積から多くの女性が様々な不調を抱えています。

そんな疲れている方には、ハーブティーの「アクティブ」をおすすめいたします。「アクティブ」は、元気になるための5種類のハーブをブレンドしています。実はこのブレンドは植物療法で古くから伝承されている心身に活力を与え、元気になるための「元気ブレンド」という有名なブレンドなのです。このブレンドの配合比率を忠実に守り、現代に再現したのが「アクティブ」です。1日のスタートである朝に飲むと効果的。午前中から元気とやる気が出て仕事の効率もアップするでしょう。

販売ページ(アクティブ)

肩こりや目の疲れに

パソコンやスマートフォン・タブレット機器などの普及に伴い、眼精疲労で悩む女性が増えています。目が疲れて肩がバリバリに凝っていても仕事をしない訳にはいきません。そんな時には、ローズヒップとハイビスカスのハーブティーがおすすめです。レモンの20倍以上のビタミンCを含むローズヒップは、強力な抗酸化力を持ち免疫力を高めます。ハイビスカスは豊富なクエン酸を含み、新陳代謝を促進して肉体疲労の回復と筋肉の凝りをやわらげてくれます。

昔から日本では、疲れた時にはお酢や梅干しを食べていました。これは、お酢や梅干しに含まれるクエン酸が疲労回復・肩こりや筋肉痛の予防に効果があるからです。ハイビスカスは眼精疲労に効果のあるアントシアニンという成分も含んでいますので、目が疲れた時に飲むと効果的です。

ハーブボーテの「リフレッシュ」は、ローズヒップとハイビスカスをメインに5種類のハーブを高濃度にブレンドしています。疲れを感じた時、次の仕事に切り替える時の気分転換にぴったりのブレンドです。

販売ページ(リフレッシュ)

血行促進・冷えの改善に

ハーブには、血行を促進させて冷えの改善に役立つものがあります。血行促進に効果のあるハーブを選び、温かいハーブティーを飲んで身体を内側から温めてあげましょう。冷えを改善するには、身体の中から冷えやすい体質の改善を目指すことが大切です。

ハーブボーテの「頭スッキリ」は、頭がボーっとしてやる気が出ない時、頭をスッキリさせて集中力を高めるブレンドですが、ローズマリーが高濃度に配合されているので、血行が悪く冷えにお悩みの女性に効果的なブレンドです。若返りのハーブと言われるローズマリーがメインにブレンドされている「頭スッキリ」は、女性に大変人気があります。

販売ページ(頭スッキリ)

美しく健康的な毎日を過ごしたい女性は、日常の飲み物にもこだわりを持たなければいけません。ハーブボーテのハーブティーは、ハーブを単なる香りの良いお茶だとは考えておりません。女性が美しく健康的な毎日を過ごすために、なくてはならない大切なもの。それがハーブボーテのブレンドハーブティーです。

ハーブボーテは品質にとことんこだわり、有機JAS認定のオーガニックハーブだけを使用しております。厳選されたハーブを使用した植物療法に基づくブレンドのハーブティーを、飲みやすいティーバッグにして通販にて展開しております。

日本においてオーガニックハーブと表示できるのは、有機JAS認定ハーブのみです。他の認定マークでは、「オーガニック」や「有機」の表示は一切できません。厳選された安心安全のオーガニックハーブティーをぜひお楽しみください。