女性の体調の変わり目

毎日のストレスで疲れきった心は、美容・健康面に悪い影響を与えてしまいます。
そんな疲れた心をハーブティーでリセットしてみませんか。日々の生活で美容と健康に気をつけることで、女性はいつまでも美しく若々しさを保つことができます。

節目年齢

東洋医学の参考書として有名な「黄帝内経(こうていだいけい)」には、女性は7の倍数、男性は8の倍数を節目として、体に変化が現れると記載されています。

この説では、女性は49歳で閉経すると言われており、現代女性も一般的な閉経年齢は50歳前後となっているので、実際、理にかなっていると言えます。

医学が日進月歩している中、二千年前の体の変化が現代の医学的認識とほぼ一緒ということには、驚きを覚えることでしょう。この節目年齢を参考に、あなたの体の変化が早まっていないか、見直すことが大切です。

生理

卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つのホルモンによって、生理のリズムは作り出されています。生理周期は約4週間(28~30日)が1サイクルとなっており、生理開始後から約14日目に排卵が始まります。

このようなホルモンの影響で、女性の体は1ヶ月の間に4つのリズムで変化しています。生理前はイライラしやすく、生理中は憂鬱な気分に、排卵前は気持ちが明るく社交的になり、排卵後は気分の浮き沈みが激しく情緒が不安定になりがちです。

自分がどの時期にいるのか理解することで、心身のケア方法を見出すことができます。ハーブティーは心身ともにリラックスできるので、そんな時にはおすすめです。

ハーブボーテの“レディバランス”は、ホルモンバランスを整えるお手伝いをしてくれますので、月経トラブルや更年期トラブルなど女性特有の不調でお悩みの方におすすめです。

販売ページ(レディバランス)

天気

気圧が低下すると、日本人の約6割が体調の変化を感じると言われております。
だるい・頭痛・肩こりなどの症状が現れる方も多いようです。

通常の気圧の場合、大気から全身を押されているので体は平常を保てるのですが、低気圧になると圧力が低下し体は膨張したような状態になります。
膨張すると血液やリンパの流れが悪くなるので、その結果、体調不良を感じやすくなってしまうのです。このような原因でおこる体調不良を改善するためには、ウォーキングやストレッチなどで体を動かし、血液やリンパの流れを整えましょう。

また、気圧の変化により自律神経が影響を受けます。高気圧では交感神経が優位になり、低気圧では副交感神経が優位になります。そのため、低気圧の時には気分が沈みやすくなり、やる気が出なくなるのです。気圧の変化により自律神経も敏感に反応するのです。

ハーブには神経バランスを整えてくれるものがあります。それらを有効に活用すると良いでしょう。気分が沈んでやる気が出ない時にはハーブティーをおすすめします。元気が出るブレンドとして人気の“アクティブ”が効果的です。

販売ページ(アクティブ)

ハーブボーテでは、美容・健康面におすすめのプレミアムハーブティーを販売しております。ヨーロッパ各地の有機栽培農家が育てた、最高品質のハーブを使用して作っているので、安心してお飲みいただけます。

芳醇な香りで味わいも飲みやすいのでおすすめです。肌荒れ乾燥肌などで悩まれている方は、ぜひお買い求めください。